• トップ /
  • 薄毛は対策をとらないと進行する

AGAは服薬で治そう

薄毛は対策をとらないと進行する

薄毛対策は医療機関で行う

薄毛の悩みを抱えている男性は、4,5人に1人と言われているほど多く、それが原因となって、内向的な性格になってしまう人もいます。何も対策をしないと薄毛は、どんどん進んで行ってしまいますので、更に悩みを抱えてしまう悪循環になってしまいます。髪の毛は、毛根内の毛母細胞が活発に分裂を繰り返し育っていきます。約7年~10年程度、分裂を繰り返した毛母細胞は活動を停止します。その後、ゆっくりと抜ける準備が始まり、日常生活の刺激によって抜け落ちます。問題ない方であれば、また毛母細胞の分裂が始まりますが、そのまま活動しない場合もあり、それが男性型脱毛症(AGA)と言われる症状です。男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが毛母細胞の分裂も阻害してしまうため、髪の毛が育たず、細い髪の毛になってなってしまいます。対策の方法としては、育毛剤を使用したり、定期的な運動を行って頭皮の血流を改善したり、頭皮環境を清潔に保つ方法がありますが、男性型脱毛症(AGA)の方は、医療機関を受診して薄毛治療を受ける対策が一番効果が得られます。薄毛治療は内服治療が主となります。服薬による副作用もみられる時がありますので、身体に異常を感じた場合は、悩みを抱えず医師に相談しましょう。

バックナンバー

薄毛の凄い情報

↑PAGE TOP