ビジネスにおける靴のマナー

ビジネスの服装と靴のマナー

ビジネスの靴は服装に合わせる

ビジネスにおける服装は、清潔感があり、相手に不快感を与えないことが大切です。そして仕事がしやすく、動きやすい服装を心がけることです。社外の人と接する機会が多い場合、自身の印象が会社の印象を決めることになるので、ビジネスの服装は、スーツが基本になります。その際、上着やズボンのしわがないかどうかをしっかりチェックし、きちんとアイロンやプレスをして、印象を良くする心がけが大切です。同じスーツを連続着用すると形がくずれやすいので、ビジネスで着る服装は、1日着用したら肩に丸みのあるハンガーに必ずかけておきましょう。 足元を見られるとよく言われるように、ビジネスにおける身だしなみでは靴も非常に大事な要素になります。靴はシーンに合った上質なものを選ぶのがコツで、スーツの場合は紐靴を履くのが基本です。ローファーやデッキシューズの方がお洒落ですが、フォーマルなビジネスの場ではカジュアル過ぎる感じになってしまいます。紐靴ではないタイプで使えるのは、モンクストラップというベルトがついたタイプで、モダンなデザインなので合わせやすいです。1番フォーマルなのは、黒ストレートチップで、冠婚葬祭まであらゆるシーンに使えるので1足持っていると安心です。

バックナンバー

↑PAGE TOP